Exhibitions

KWIT 個展「Code*art = = marvelous」− Vin Gallery

Vietnam

Vin Gallery

Sep 25 - Nov 07, 2020

All images courtesy of Vin Gallery

「今日のイノベーションの多くは、ファインアートバブルの中で達成されたものではない。コンピュータグラフィックス、映画、ミュージックビデオ、ゲーム、ロボット、インターネットといった、大衆文化産業で働く人々によって達成されたものだ。」
ージョン・マコーマック、2003年

何世紀にもわたって、芸術とテクノロジーは、自分自身を表現し、世界を理解しようとする人々の欲求から生まれました。芸術は管理されようとせず、技術は自然に対峙する人間存在の証明の一つですが、どちらの世界も、想像力あふれる人間の精神の素晴らしいクリエーションです。

Vin Gallery で開催されるこのデビュー個展で、KWIT は異なる二つのプロセスと方法を実験した多くの作品を展示します。一連のデジタルプリント作品はアルゴリズムだけで作られる一方、Dzó 用紙にアクリルとインクで作られたシリーズは、湿度、時間、水の表面張力、色素粒子などの要素を含めた、アーティストの「アルゴリズム」解釈に基づいて作られています。KWIT は、最も基本的な「システム」は、アルゴリズムを通して宇宙の起源に立ち返る手助けになると信じています。ともに動き、踊る、破裂した細かな点で満ちるような世界です。そのいずれも、デジタルと非デジタルの世界の、現実と非現実の中で、鑑賞者を混乱させるような美しく色彩豊かな抽象パターンを生み出します。作品のデジタルプロジェクションは、素晴らしきコードアートの世界に鑑賞者を招き入れ、没頭させてくれます。

「ジェネレーティブアート(という科学と芸術の表現媒体)を通して、宇宙の起源を探り、その全体像を構成したいのです。私にとって、それは魔法と驚きに満ちた果てしない旅です。宇宙の起源を探求することは、誰でも同様に、自身の本来の姿を探ることでもあります」とKWITは述べている。

ルールやコントロールがあっても、これら一連の作品は、偶然性の要素を避けて通ることはできません。ジョン・ケージが偶然性の要素によってフルクサスに影響を与えたように、KWIT は、折りや、ドリッピング方法によって、Dzó 紙の上で相互作用する様々な色の実験を行いました。完成した作品より制作過程の旅が重要であるというケージの哲学のように、KWIT は色と形の視覚的遊び心のある流れを作り出しました。一連のデジタルプリント・コードアートは、KWIT による光の波と色の振動数への捧げ物です。アートとテクノロジーの融合は、60年代後半から70年代にかけて西側世界で登場し、多様な芸術媒体とテーマの確立においてその存在を証明してきました。しかし現代ベトナムの文脈においては、両者の若い鑑賞者が増えているにもかかわらず、アートとテクノロジーは未だその宇宙の中で機能する極めて新しいものなのです。

さあ、「Code*art = = marvelous」(素晴らしきコードアート)の世界に入って、体験してみよう。

KWIT はその来歴に邪魔されることなく作品自身に自らを語らせるため、あえて匿名で活動しています。

Information

'Code*art = = marvelous' A solo show by KWIT

開催期間
2020年9月25日〜11月7日
会 場
Vin Gallery
11 Street 55, Thao Dien District 2, HCMC, Vietnam
電 話
+84 88 920 9420
営業時間
Mon - Wed: Appointment only / Thu - Sat: 10 am to 5 pm 
URL
http://www.vingallery.com

著者: auraartadmin